×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

人気サイトランキング 投資ランキング倶楽部 オール株式情報ランキング AirランキングFX・外国為替 JRANK Homepageランキング 先物為替投資サイトランキング

 

 
FX・トレード関係相互リンク
ウエブトレードセミナー情報
FX・株でもうすぐ一億達成!初心者OK!豪ドル・トルコリラで月100万円スワップ生活!
FXシステムトレード自動売買実践室
目指せ!FXで悠々自適生活
NZドル、豪ドルで勝負!FXトレードブログ
誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ
▼・x・▼スワップで金利生活しちゃお!
FXブログ、FX比較、ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX日記
MetaTraderでFX自動売買ブログ
FXで月100万円のスワップ金利生活
豪ドルFXで毎月30万円スワップ金利生活
FXブログ&FXサイト情報館
FX為替ブログ【5万円から始めた外国為替証拠金取引のゆくえ】
FXの業者比較
FXとワラントと株式の投資実践記
差金決済取引侍

FX業者の評判・クチコミ情報

FX業者の評判・クチコミ情報
FX業者を最新の「総合point」順の高いに並べ、各FX業者について評判やクチコミ情報を表示。
「総合point」
複数のユーザーによりトレードツールの充実度や使いやすさ、サポート体制、取引コストなどの評価平均。
5点満点に近い業者がより多くのユーザーの支持を集めていることに。
「good!」 ・ 「bad...」
ユーザーが感じた良い点、悪い点のうちとくにポイントとなるものをピックアップ。
岡三オンライン証券【岡三オンラインFX】の評判・クチコミ情報

総合4.6point  NEWS:くりっく365は業界最安手数料73円(2008年12月19日現在。岡三オンライン証券調べ)

  • ☆good!☆
  • 問い合わせや口座開設時の電話対応が丁寧でサポートが優秀。
  • システムがしっかりしていて、リアルタイムの表示もスムーズ。
  • シンプルな取引画面が見やすい。
  • ツールは一番使い勝手がいい。
  • くりっく365の中で最もコストが安いのでは?
  • ☆bad...☆
  • とくになし
岡三オンライン証券
エース交易【エースでねらえ!FX】の評判・クチコミ情報

総合3.5point

  • ☆good!☆
  • 新しいシステムなので、ツールに工夫がなされていて使いやすい。
  • ☆bad...☆
  • 編集中
エースでねらえ!FX
アイディーオー証券【マスターFX2】の評判・クチコミ情報

総合4.4point

  • ☆good!☆
  • 韓国ウォン、中国元の取引が可能。
  • ☆bad...☆
  • 編集中
アイディーオー証券
外為オンラインの評判・クチコミ情報

総合4.0point

  • ☆good!☆
  • ドル円のスプレッドが1銭(原則固定)
  • ☆bad...☆
  • 編集中
外為オンライン
トレイダーズ証券【TRADERS FX】の評判・クチコミ情報

総合4.0point

  • ☆good!☆
  • 2009年7月より新システム開始。
  • スプレッド0銭~!!
  • ☆bad...☆
  • 編集中
トレイダーズ証券
ヒロセ通商【LION FX】の評判・クチコミ情報

総合4.0point

  • ☆good!☆
  • 編集中
  • ☆bad...☆
  • 編集中
ヒロセ通商【LION FX】
インヴァスト証券【くりっく365】【大証FX】【FX24】の評判・クチコミ情報

総合4.0point

  • ☆good!☆
  • 編集中
  • ☆bad...☆
  • 編集中
インヴァスト証券
サイバーエージェントFXの評判・クチコミ情報

総合3.9point

  • ☆good!☆
  • 経済指標の発表を5分前から通知してくれるシステムがある。
  • たくさんのキャンペーンを実施。
  • ☆bad...☆
  • 取引ツールをカスタマイズできないので、上級者には物足りないかも。
  • 勝手にログアウトしている、画面更新に時間がかかることがあるなどの声も……
サイバーエージェントFX
ひまわり証券【ひまわりFX】の評判・クチコミ情報

総合3.9point

  • ☆good!☆
  • 編集中
  • ☆bad...☆
  • 編集中
ひまわり証券
セントラル短資FX【FXダイレクト】【FXハイパー】の評判・クチコミ情報

総合3.8point

  • ☆good!☆
  • 編集中
  • ☆bad...☆
  • 編集中
セントラル短資FX
クリック証券の評判・クチコミ情報

総合3.8point

  • ☆good!☆
  • 編集中
  • ☆bad...☆
  • 編集中
クリック証券
外為どっとコム【ネクスト総合口座】【FXトレード口座】の評判・クチコミ情報

総合3.8point

  • ☆good!☆
  • 国内最大級の口座開設数。
  • 親切丁寧なサポートと、1000通貨単位から取引できるので初心者にも安心。
  • 幅広いレベルのセミナーなど、情報量が豊富。
  • 多様な注文方法と業界屈指のチャート機能があり、上級者も満足。
  • ☆bad...☆
  • 編集中
外為どっとコム
MJ「Spot Board」の評判・クチコミ情報

総合3.8point

  • ☆good!☆
  • 編集中
  • ☆bad...☆
  • 編集中
MJ「SpotBoard」
マネーパートナーズ【パートナーズFX】の評判・クチコミ情報

総合3.8point

  • ☆good!☆
  • 編集中
  • ☆bad...☆
  • 編集中
マネーパートナーズ
EMCOM証券【みんなのFX】の評判・クチコミ情報

総合3.8point

  • ☆good!☆
  • 編集中
  • ☆bad...☆
  • 編集中
EMCOM証券「みんなのFX」
FXプライムの評判・クチコミ情報

総合3.7point

  • ☆good!☆
  • 編集中
  • ☆bad...☆
  • 編集中
FXプライム
FXCMジャパン【トレーディングステーション】【らくちんFX】の評判・クチコミ情報

総合3.6point

  • ☆good!☆
  • 編集中
  • ☆bad...☆
  • 編集中
FXCMジャパン
エフエックス・オンライン・ジャパンの評判・クチコミ情報

総合3.6point

  • ☆good!☆
  • 編集中
  • ☆bad...☆
  • 編集中
エフエックス・オンライン・ジャパン
オリックス証券【オリックスFX】【大証FX】の評判・クチコミ情報

総合3.4point

  • ☆good!☆
  • 編集中
  • ☆bad...☆
  • 編集中
オリックス証券
カブドットコム証券の評判・クチコミ情報

総合3.5point

  • ☆good!☆
  • システムが安定していて使いやすい。
  • 早くて豊富な情報を配信。
  • ☆bad...☆
  • 編集中
カブドットコム証券
松井証券【NetFX】の評判・クチコミ情報

総合3.3point

  • ☆good!☆
  • 編集中
  • ☆bad...☆
  • 編集中
松井証券
ジョインベスト証券【ジョインベストFX】の評判・クチコミ情報

総合3.3point

  • ☆good!☆
  • 編集中
  • ☆bad...☆
  • 編集中
ジョインベスト証券
楽天証券【楽天FX】の評判・クチコミ情報

総合3.2point

  • ☆good!☆
  • チャートが秀逸
  • ☆bad...☆
  • 情報提供ツールが乏しい
楽天証券
ODL JAPANの評判・クチコミ情報

総合-point(現在調査中)

  • ☆good!☆
  • 現在調査中
  • ☆bad...☆
  • 現在調査中
ODL JAPAN
為替とは

為替は、内国為替と外国為替の2種類に分けられる。内国為替とは、金融機関が、国内の遠隔地で行われる債権・債務の決済を、現金の移送を行わずに決済する方法である。外国為替とは、通貨を異にする国際間の貸借関係を、現金を直接輸送することなく、為替手形や送金小切手などの信用手段によって決済する方法である。

為替は本来商取引に伴う貨幣運搬のリスクと流通経費の発生を避けるために同一(あるいは近隣)地域内の代金決済に振り替えるものである。この関係の発生の仕組みを代金受け取り(あるいは相殺する)権利の売買と看做すか、一定期日に返済を行う事を前提とする一種の利息(為替の売買の際に発生する差益が利息であるとする)を伴う信用貸付であるのかが中世以来ずっと議論されてきた。

利息を伴った貸付を禁じる一方で為替の運用で資金の安定供給を得ていた教皇庁の立場の影響を受けているヨーロッパ大陸では前者を支持する意見が強く、宗教改革や重商主義でこれらの国々と競ってきたイギリスでは後者の意見が強い。
外国為替市場とは

広義に解釈すれば外国為替銀行としての対顧客市場も含まれるが、一般にはより狭義に為替銀行間取引が行われる場を指す。為替銀行の顧客には、商品の輸出入を行う貿易業者を中心に、運賃、保険料、利子・配当金、海外旅行費用などの経常的経済取引や、対外証券投資、対外直接投資、対外貸付け・借入れなど資本取引を行う者がある。外国貨幣の交換を行う両替商も為替銀行の顧客である。

為替銀行は、こうした対顧客取引によって生じた外国為替の持高や資金の過不足を調整するため、相互に外国為替の売買を行う。この為替銀行間の取引を銀行間取引といい、その市場を銀行間市場(インターバンク市場)という。

銀行間市場における取引には、外国為替ブローカー経由で行われるものと、為替銀行が相互に直接取引を行う直取引とがあるが、後者は相互に満足する出合いが限られるため、外国為替ブローカー経由取引が圧倒的に多い。銀行間取引は、一地域の市場内にとどまらず、広く他の地域あるいは外国の市場においても本支店または外国の取引銀行を通じて活発に行われる。

銀行間市場には、政府・中央銀行も参加する。これは、特定の政策目的をもって為替相場に影響を与えるために行われ、この取引は市場介入と呼ばれる。

銀行間取引を大別すると、直物取引、先物取引およびスワップ取引に分かれる。直物取引は、取引の対価の受渡しが原則として取引日の翌々営業日(2営業日目)に行われるものである。先物取引は、対価の受渡しが将来の特定日に行われる取引であるが、通常直物取引の受渡し日を基準にして1ヵ月や6ヵ月などの月単位で区切った確定日を受渡し日としている(順月確定日渡し条件)。スワップ取引は、直物取引とその反対方向の先物取引、または受渡し日が異なる相互に反対方向の二つの先物取引を同時に同額、同一の相手方と行うものである。

銀行間市場で成り立つ為替相場は、為替銀行の対顧客相場の基準となるが、貿易業者などはこの対顧客相場をいわば与件としてさまざまな対外取引を行い、そこから生じた外国為替の需給が再び銀行間相場に反映される。

銀行間市場は、当事者が毎日特定の場所に集合して外国為替の売買を行う取引所がある場合(ドイツ、イタリア、フランスなど) と、電話・ファックス・電子的媒体(コンピューター回線など)で個々に行う取引を総合した抽象的な場を指す場合(ニューヨーク、ロンドン、東京など)に分かれる。取引所がある国々の銀行間市場でも、取引所取引以外の銀行間取引が活発に行われている。取引所取引で成立する為替相場は、通常為替銀行の小口の対顧客取引の基準相場となる。

為替レートとは

通常の外国為替の取引における外貨との交換比率(交換レート)である。為替相場、通貨レート、単にレートとも呼ぶ。基本的に市場で決定される。市場で決定されたレートを MER (Market Exchange Rate) と呼ぶ。

外国為替証拠金取引(FX:Foreign eXchange)とは

外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)とは、証拠金(保証金)を業者に預託し、主に差金決済による通貨の売買を行なう取引をいう。「FX」、「通貨証拠金取引」、「外国為替保証金取引」などともいう。

FX(本来はForeign eXchange=外国為替の略)は日本では1998年に外国為替及び外国貿易法が改正されて、豊商事株式会社、ダイワフューチャーズなどが取扱いを開始、ブロードバンドの普及も手伝って市場が急速に拡大した。商品先物会社、証券会社のほか、本取引を専業で取り扱う業者もある。

取引の仕方によっては非常に高いリスクを負うため、実際の取引にあたっては外国為替相場に関する十分な知識や経験を要する。

外国為替証拠金取引(FX:Foreign eXchange)の例

1ドル=120円、レバレッジ20倍で取引する場合、60万円(5000ドル相当の円)を証拠金として預託すると、5000ドル×20倍=10万ドルの取引が可能となる。つまり、証拠金は取引額の5%になる。

1ドル=120円のときに取引開始して10万ドルを買い、その後、円高となって1ドル=115円になったとする。このときの収支は、 1ドルあたり 115円-120円=-5円 であるから、10万ドルでは50万円の損失である。 また、証拠金は1ドル=120円のときに、5000ドルであるから60万円である。

初めの証拠金の60万円に対して50万円の損失を差し引くと、残るのは10万円だけであり、初めの1/6となる。 上記と逆に、円安となって1ドル=125円になった場合は、50万円の利益となる。

つまり、初めの証拠金の60万円が110万円となり、およそ2倍となる。

外国為替証拠金取引(FX:Foreign eXchange)の主なリスク

■外国為替相場の変動リスク 相場の変動がある以上、利益が期待できる反面、損失を受ける場合がある。証拠金の何倍もの取引を行うことができるため、損失が預託した証拠金を超え、さらなる証拠金を請求されることもあり得る。

■業者に対する信用リスク 客から委託された証拠金を、自社の資産とは別勘定で信託銀行に信託分別管理するといった保全管理をしていない業者の場合、破綻した際には預託していた証拠金が戻ることは期待できない。エフエックス札幌では、取引者が持っているポジションが強制清算されて、かつ証拠金が返金されない自体が発生している。業者によって証拠金の(保全)管理方法が異なるので、約款などで確認する必要がある。

■マイナススワップポイントのリスク 高金利の通貨を売り、低金利通貨を買う取引をする場合(2006年12月現在ではドル売り円買いなど、多くの円買い取引がこれに相当する)、スワップポイントの支払いが必要となる。スワップポイントはその通貨ペアの金利差が逆転しない限り支払わなければならないので、特に長期売買の時には「スワップポイントの収支」が多額になることがある。

スワップとは(トレイダーズ証券より引用)

スワップは「交換する」という意味ですが、一般に金融取引では金利の受取や支払を交換するという意味で使われています。 そして、外国為替証拠金取引ではロールオーバーされたときに発生する相異なる2国間の金利差を「スワップ」と呼んでいます。

米ドル/円の場合、米国の金利のほうが日本の金利よりも高いため(2007年6月現在)、 米ドルを持っていて円を手放していると(ドル買い円売りポジション)、この金利差部分が毎日付与されていきます。

例えば、通貨:米ドル/円 売り:-165円 買い :+155円 取引単位: 1万

上記の場合、米ドル買い円売りですと1万米ドルに対し155円のスワップが毎日受け取れ、逆に米ドル売り円買いですと同165円の支払いが生じることを意味しています。

なお、スワップは取引後2営業日目が資金決済日となり、この2営業日後の決済日から発生します。